武山(旧姓:尾崎)敏枝さんと
小田(旧姓:鍋島)美代子さんの共著「散華抄」より

  ミンダナオの土にねむる(とも御戦みいくさおもむきし)
    白衣の天使たちの御霊みたまささ
 

私たちが育ったのは、「お国のために…」と言って息子を戦場に送り出すのが家の誉れとされた時代でした。70年ほど前の日本で軍人さんはヒーローだったのです。
でも、軍人さんになれるのは男だけ…。

子どもをたくさん産んで育てることが女の務めという風潮の中で、男と同じように“赤紙(戦時召集状)”で戦場に赴いたのが日赤看護婦でした。当時のマスコミにも「従軍看護婦」と、もてはやされたものでした。

孫の世代のみなさんと、その保護者の皆様へ(サイト製作者より)…デジタル化された情報から戦場の臭いや蒸し暑さを伝える事はできません。ぜひ下のグーグルマップを利用して、おばあちゃんが20歳の頃に歩いた戦場やジャングルの状況を把握して下さい。「日本兵が怖かった」というミンダナオのジャングル逃避行の詳細は目次の「先発隊の記録」「後発隊の記録」にありますが、理解にはそれなりの日本語力が必要ですので保護者の方と一緒に読んでください。

★このサイトで使用している写真は、ロサンゼルス日本語補習校あさひ学園の卒業生(牧野愛子さん)のおばあさま(小田美代子さん)のものです。「血のついた白衣と三角巾は一緒にお墓に入れて欲しい。」とおっしゃっています。

出典と参考文献:直毘塾発行「散華抄」
三〇一五ラバウル会編「遥かなるラバウル」
アンリー・デュナン教育研究所発行「ほづヽのあとに」
ミンダナオどろんこ慰霊団の非売品「鎮魂」