みなさんは「赤信号、みんなで渡ればこわくない。」という言葉を知っていますか? 『(悪いことだけれど)だれもがやっていることだから…(私も)』という気持ちで行動してしまうときの言いわけです。自分で考えて行動しなければ、自己責任じこせきにんをとれませんから『みんなと一緒に…』というあまえた気持ちは良くありません。ちょうど、旅先たびさき(よく知らない土地)で『行列ぎょうれつができているから“このお店”で…』と、入ったお店が自分のこのみに合わずにがっかりして、なんだか腹立はらだたしい気持ちになるのと同じですね。
そこで、ミシュランザガット・サーベイというお店のかくづけ評価ひょうかを調べて、自分の目的に合う店を探すやり方が最近、支持されています。例えば、下の(イ)がロサンゼルスで多くの人から利用されている店のアンケート結果で、(ロ)がロサンゼルスで美味おいしいといわれているお店ですね。店の内装(ハ)やサービスごとのランキングもあって便利です。

インターネットや携帯電話で簡単にメニューを見たり予約もできたりと、利用者にとっては便利なシステムである一方、「実際に食べたら▽△だった。」というコメントがすぐに反映はんえいされるのですから、悪い評判ひょうばんが立たないように、レストランには緊張と努力が求められています。

実はこの【ロサンゼルスのトップ20のレストラン】の半分以上が日本食のお店なのです。L.A.County のレストラン上位100店のうち約30lは日本食で、私が渡米した頃には想像もつかないアンケート結果です。アメリカで健康食品への関心が高まったおかげもありますが、不味まずければ食べてもらえないのですから“日本人のほこりを持って売れる食品”を海外に届けてこられたことをとてもうれしく思っています。
さらに、日本を代表する高級料理・ふぐをアメリカに紹介しょうかいしたいと、いろいろ考えているところです。

金井氏所蔵の写真をスキャナーでデジタル保存してフリッカーという写真サイトにアップロードしました。下の写真からリンクします。次々に別画面で開きますので、何枚も開きすぎないように、見終わったら画面右上の【×】ボタンで消してください。

【発展学習】

@昔の醤油樽などの写真などを参考に、アメリカにおける日本食の評価や需要と供給はどのように変化したかを考えて、思ったことを発表しあいましょう。
A日本からブラジルに移住した人々の百年ほど前の暮らしぶりを撮ったカレンダーの写真もあります。南米の初期移民の暮らしを見て考えを深めましょう。