2006年4月23日号 日米の架け橋シリーズ(1)

ジャパニーズアメリカンと全米日系人博物館について


 ↑ リトル東京にある全米日系人博物館

日本で生まれても、親が日本国籍を持っていなければ日本人にはなれませんが、アメリカで生まれた子どもは、親の国籍や人種と関係なくアメリカ人です。
アメリカには日本人を祖先とする人(日系米人:ジャパニーズアメリカン)が80万人以上いて、その大半は北米大陸とハワイに集中しています。1800年代後半(日本で江戸時代が終わってから)渡米した日本人の子孫を日系二世(にっけいにせい)~三世(さんせい)とよびます。
今では日系四世のバスケットボールチームが熊本県玉名市に遠征したり日本からの旅行者や駐在員んがアメリカ社会で好意的に受け入れられたりしていますが、これらは日系米人が少数民族への差別と戦いながら『勤勉で優秀な理想的移民』という信頼をきずいてくれたおかげなのです。
しかし、日本とアメリカの二つの祖国の懸け橋になった人々のことは教科書にものっていなくて日本ではあまり知られていないようです。
今年度このコラムでは、日米の懸け橋となったことがらや人物を紹介します。
LAロサンゼルスにはリトル東京という海外で最大の日本人街があり、東本願寺や高野山別院や禅宗寺など日本人の心のよりどころとなる神社仏閣がそろっています。その西本願寺旧館に1980年代、全米日系人博物館が開設されました。
全米日系人博物館は日系米人の歴史と体験を、アメリカ史の大事な一部として人々に伝えることを使命としています。ぜひ下記のURLから全米日系人博物館のサイトにリンクしてください。
http://www.janm.org/jpn/main_jp.html


 ↑ 歴史的建造物に指定されている旧館

 

もくじのページへ戻る