工場生まれの野菜と食の循環

←この左の写真は本草和名ほんぞうわみょうという薬草やくそうの本の下巻の43ページの一部分です。

日本に残っている薬草の本で一番古いといわれています。

早稲田大学のデジタルアーカイブに保存されていて、ここから見ることもできます。【45】の数字をクリックして左から2行目です。

本草和名のオリジナルが書かれたのは、西暦920ごろ(ひらがなとカタカナがまだできあがっていない頃)だと考えられています。(年表で時代の確認

今から1000年以上昔の日本には文字がなくて、中国大陸を先生やお手本にしていました。この時代に書かれていた字を万葉仮名といいます。

平仮名の由来片仮名の由来をご覧ください。

万葉仮名で“也末やま”と
表していたんだね。

私たちは今、五十音順に“あいうえお・・・/アイウエオ・・・”の勉強をしていますが、百年ほど前までの日本人は“いろは歌”で仮名文字の勉強をしていました。
下の左が、本草和名で使われている表音文字のサンプルで、右側がいろは歌です。(上段:平仮名だけで書かれた歌,中段:意味が分かりやすいように漢字を入れた歌,下段:歌の意味)

★下の表を見比べて“もやし”を万葉仮名で書いてみましょう。

大昔の日本人は発芽はつがのことを「えいづる」と言っていて、スプラウトのなかまを「もやし」とよんでいました。

本草和名にある「薩子米」がそのころの中国でのスプラウトのよび名で、その和名Japanese nameが「毛也之」だということです。
千年以上昔、仮名文字ができる前から、「もやしは健康にいい」と、薬草の本に書かれていたのです。

このページのトップに戻る