9月9日

【『いろは歌』と『平家物語』に共通する無常観むじょうかんについて】
国語の授業で平家物語へいけものがたりの初めの部分を暗唱あんしょうしますので、鎌倉かまくら時代の学習を発展させて日本人の無常観について考えました。
グラデュエイターというハリウッド映画の最後に『風の前のちり(ごみ)あくた(くず)・・・』と言うシーンがありましたが、権力者や若く美しいものもいつかは変化する(滅びる,年をとる)という考え方が、日本人の心には深く根付いています。

物語やエッセイという分類をすれば、平家物語は『軍記ぐんき物語』にあてはまります。今回みなさんが暗唱する平家物語の冒頭の部分は、『この世の中のものはすべつね変化へんかして、栄華えいがきわめた平家へいけ一族いちぞく盛者じょうしゃ)もはかなくほろんでいった』という仏教ぶっきょうのテーマを七五しちご調の対句ついく表現で端的たんてきに表したものです。

平家物語の冒頭ぼうとうの部分

祇園精舎ぎおんしょうじゃかねの声
諸行無常しょぎょうむじょうひびきあり
沙羅双樹さらそうじゅの花の色
盛者必衰じょうしゃひっすいことわりをあらはす
おごれる人もひさしからず
ただ春のの夢のごとし
たけき者もつにはほろびぬ
ひとに風の前のちりに同じ

いろは歌

色は匂へにおえど散りぬるを
が世たれつねなら
有為ういの奥山今日きょう越えて
浅きゆめ見じ酔ひゑいもせず

9月16日
【鎌倉時代の封建ほうけん制度について】

みなさんの身近にShogun ToursとかJapanese Restaurant Shogunという看板かんばんがありますね。私がアメリカにきた年には、Richard Chamberlain主演しゅえんのShogunという江戸時代を舞台にしたテレビドラマが放送されました。

『将軍』という言葉は、征夷大将軍せいいたいしょうぐん征東大将軍せいとうたいしょうぐんなど、軍隊ぐんたいのリーダーのくらいを短くした呼び名で、奈良時代から使われています。京都の清水寺きよみずでらをつくった坂上田村麻呂さかのうえのたむらまろが平安時代の征夷大将軍として有名です。

源頼朝が鎌倉幕府を開いてから徳川幕府が終わるまでの675年間、『征夷大将軍=武士の棟梁とうりょう=リーダーとして幕府ばくふ(土地支配しはい決定権けっていけんを持つガバメント)のシステムを運営うんえいできる人』として、将軍の職が続きます。

将軍は英語でGeneralと訳しますが、これからの学習に必要な言葉ですから、ここをクリックして英語のWikipedia読み、意味を理解しておいてください。

鎌倉幕府かまくらばくふ御家人ごけにん(鎌倉幕府につかえる侍=家来けらい)のgive & take の関係(ごおん奉公ほうこうの結びつき)を封建制度ほうけんせいどといいます。江戸時代になると封建制度の意味がちょっと変わりますが、とにかく今の“私たちと国の結びつき”とはずいぶんちがいますよね。

ちがいのポイントは、重たくて派手なよろいかぶとを着けた戦い方や土地の主有権(どこがだれの土地かということ)の認め方です。

政治の実権が貴族から武士にうつり、文化も豪華ごうかなものから質素しっそで力強いものに変わりました。国語便覧や教科書の写真を見て平安時代の文化と比べてください。

★12月のまとめのテストのときにあわてなくていいように、ワークシートの書込みをすませましょう。

#7

ヲ:平清盛, ワ:源義経, カ:源頼朝, ヨ:守護, タ:地頭

#8

レ:源頼朝, ソ:征夷大将軍, ツ:鎌倉, ネ:執権, ナ:地頭, ラ:守護, ム:奉公, ウ:ご恩, ノ:武家造, オ:金剛力士像, ク:執権

9月23日
神風かみかぜの由来を知る】
アメリカ人が写真のようなお土産みやげを買っているのを見たことはありませんか。
アメリカで有名な『神風』は第二次世界大戦の特攻隊とっこうたいをさしますが、この言葉のルーツは鎌倉時代にあります。
鎌倉幕府を開いた源頼朝が死んで彼の子どもが二人とも殺された後は、頼朝の妻の北条政子ほうじょうまさことその父・兄が鎌倉幕府の中心になりました。北条氏は将軍ではなく執権しっけんというポジションにつきました。
北条時宗ほうじょうときむねが第8代執権のとき、そうほろぼしたモンゴル帝国ていこくげん国交こっこうを求めて(国と国のお付き合いをしましょうという申し込みをして)きました。

1274年、地上戦で勝っていた元は(モンゴルに征服せいふくされた連合軍の兵士)は、夜になると船にもどったのですが、そのとき台風たいふうが来て船をしずめました。
1281年にも同じようなことになりました。もしもこれらのときに台風がこなければ日本はモンゴル帝国の一部になっていたかもしれませんね。『日本は神に守られた国で戦争の時には神風が吹く』という考えが広がったというわけです。

【新しい仏教の広まり】

鎌倉時代になると、西日本で麦の二毛作が始まったり灰が肥料として使用されるようになったりして農業生産が向上しました。また、宋のお金が使われるようになって交通が便利なところではいち定期的ていきてきに開かれるようにもなりました。武士や庶民しょみんのあいだに簡単かんたん実行じっこうしやすい新しい仏の教えが広まりました。ワークシートの親鸞しんらん浄土真宗じょうどしんしゅう日蓮にちれん日蓮宗にちれんしゅう一遍上人いっぺんしょうにん時宗じしゅうなどの部分です。キリスト教にさまざまな宗派しゅうはがあるように仏教にもいろいろな宗派ができたのですね。我が家は浄土真宗ですが、みなさんのうちはどこの檀家だんか(どこのお寺におはかがあるか、ということ)でしょうか。

プリント#9(1246年:北条時頼)については、運動会の次の週にビデオを見ましょう。 

ク:承久じょうきゅうらん, ヤ:北条政子ほうじょうまさこ, マ:北条泰時ほうじょうやすとき, ケ:二毛作にもうさく, フ:定期市ていきいち, コ:げん, エ:北条時宗ほうじょうときむね

9月30日

【日本の代表的な建物や日本文化と呼ばれるもののルーツができた室町むろまち時代】

アメリカのYahoo.comの【travel】 に入り Search Travel に Japan guide と、タイプしてSearchボタンをおすと、

このサイトにリンクしました。アメリカ人から見るとKinkaku-ji(鹿苑寺金閣ろくおんじきんかく)は日本を代表する建物なんですね。
アメリカで育つ皆さんだからこそ、日本文化についてたずねられることでしょう。『だれが、なんのために金閣寺を建てたのか?』とか、『フラワーアレンジメントについて教えて欲しい』といった質問を受けることでしょう。
アメリカで育つ日本人としての自覚じかくを持って、室町時代の勉強をしましょう。


【お知らせ】
◆10月15日から毎週火曜日のTVジャパンで新しい日本語教育のテレビ番組が日本で始まるそうです。私のところでは見られないのが残念ですが…)
北米:2006年10月10日(火)から,毎週火曜日 東部時間 11:00〜11:20(夏時間・〜10/24),東部時間 10:35〜10:55(冬時間・10/31〜)
日本国内で放送されるNHK教育放送を見ることができる方は、ぜひこのサイト参考にしてください。 

10月14日
【第5代執権・北条時頼ほうじょうときより(年表#9)が登場する話のビデオ】

ビデオに出てくる言葉をここで復習しましょう。あらすじと登場人物はワークシートで確かめてください。

・三方を山に囲まれて前方が海に面する鎌倉は、攻めにくく守りやすい地形です。鎌倉に通じるトンネルのような地形を“切り通し”といいます。この“切り通し”から四方八方にのびる道が『鎌倉道』です。

・御家人が幕府軍のために命がけで働き、費用を出したり京都や鎌倉の警護に着いたりすることを『奉公』といいます。

・幕府に一大事があれば、御家人は『いざ、鎌倉!』と、いち早くかけつけました。

・御家人が持っている領地を保障したり、手柄に応じて領地を与えたり、守護や地頭に任命したりと鎌倉幕府が与えることが、御家人にとっての『ご恩』です。

★松本先生と一緒に見たビデオは『知ってるつもり・ひめゆりの塔』です。
ビデオに登場した沖縄の女学生は、今のみなさんと同じくらいの年齢ですね。今日のビデオを参考に、これからの国語や総合の学習で考えを深めてください。

10月21日

二人が欠課でしたので、ビデオ『元寇』と『金閣寺』を見て、ワークシート#10の書込み復習をしました。ビデオもこれまでの授業の復習です。休んだ人は授業を思い出しながら#10の答えをワークシートに書き込んでおきましょう。先週の宿題『ひめゆりのビデオを見て思ったことを書き込み掲示板に書く』というのが3人ともできていませんでしたので、今週も同じテーマを宿題にします。今週中に【書き込み掲示板】かレポート用紙に、『ひめゆり』のビデオを見て思ったことを書きましょう。

★ワークシート#10
テ:足利義満あしかがよしみつ, ア:日明貿易にちみんぼうえき, サ:鹿苑寺金閣ろくおんじきんかく, キ:のう, ユ:墨絵すみえ, メ:雪舟せっしゅう, ミ:足利義政あしかがよしまさ, シ:応仁おうにんの乱, エ:慈照寺銀閣じしょうじぎんかく, イ:書院造しょいんづくり

ビデオ:元寇(ビデオのあらすじをアニメにしたので見てね)】モンゴル軍との二度の戦い(元寇)は、御家人にとって大きな負担になりました。土地を担保(mortgage)に借金した御家人もたくさんいました。でも、外国との戦争だったのですから、幕府には御家人に恩賞として分け与える土地はなかったわけです。御家人と幕府の“ご恩と奉公”の結びつきがうすれ、幕府に対する不満が大きくなたことが鎌倉幕府がくずれた原因の一つだったということです。

【ビデオ:金閣寺】

鎌倉幕府がたおれたあと、朝廷が政治の中心になりましたが、貴族にはすでに政をマネージメントする力は無くて、朝廷が南と北に分裂してしまい、足利氏が京都の室町に幕府を開きました。室町幕府の第3代将軍が足利義満という人でした。鎌倉幕府の権力のピークが中国(元はすでにたおれて明になっていました)との貿易でお金持ちになった義満の時代で、この時代を代表する建物がアメリカで一番有名な金閣寺(正式な名前は、鹿苑寺金閣)です。ここをクリックして英語の金閣寺のサイトを見てください。3階建ての金閣の1階(1層目)は寝殿造で、その上(第2層)が武家造です。『貴族より武士の方が力があるんだぞ!』という義満の気持ちがあらわれているようですね。
金閣と一緒にみなさんに覚えて欲しいのは、第8代将軍、足利義政が建てた銀閣寺(慈照寺銀閣)です。後継ぎ問題から応仁の乱が始まったので、義政は落ち目の頼りない将軍というイメージですが、日本文化のルーツを育てた将軍です。日本建築を代表する障子やふすまや畳などのルーツが銀閣寺の書院造に見られます。ぜひここをリンクして英語の銀閣寺のサイトを見てください。

10月28日

足利氏を将軍とする室町幕府は230年以上も続いたのですが、最初の約60年間は朝廷が南と北に分かれていたし、終わりの約100年間は各地の大名の戦乱が続いたり、各地で一揆が起こったりと常にゴタゴタしていました。しかし幕府が京都にあったので公家(貴族)の文化を吸収して日本文化のルーツが育った時代でした。

室町幕府の将軍の次のポジション(将軍のかわりに幕府のマネージメントをしていた)は管領とよばれ、斯波氏と畠山氏と細川氏が交代にそのポジションにいました。

第9代将軍を日野富子と足利義政の子どもにするか義政の弟にするかの後継ぎ問題をめぐって実力者たちが西軍(山名氏たち)と東軍(細川氏たち)に分かれて戦ったのが応仁の乱でした。この乱は11年も続き、室町幕府の力は弱くなって、約100年間におよぶ戦国時代になりましたました。

ちょうどアメリカがヨーロッパに知られるようになったころ
日本は戦国の乱世で下剋上の時代でした。
11月4日

【主従関係と戦い方の変化】
土地をめぐるご恩と奉公で結びついた主従関係を封建制度ほうけんせいどといいます。この関係が、武士団の戦い方(一騎打ち)と結びついていたわけですね。
織田信長や秀吉や徳川家康たちが子どもの頃にポルトガルから伝わった火縄銃ひなわじゅう(鉄砲)は日本の戦い方を大きく変えました。戦いの始まりのことを『○○の火蓋ひぶたが切られる』と言いますが、火蓋とは火縄銃の着火装置ちゃっかそうちのことですから、16世紀以前の戦いで『火蓋が切られる』と言うのはまちがいですよね。パワーポイントの写真を思い出してください。戦国時代はやがて信長・秀吉・家康によって統一され、室町時代は新しい主従関係によって終わりを告げます。

★ワークシート#11 モ:鉄砲てっぽう, セ:ザビエル, ス:キリスト教, ン:一揆いっき, ア:下剋上, イ:織田信長

2学期の期末試験は年表ワークシートの#7#8#9#10#11#12の範囲です。ここからそれぞれのワークシートにリンクしますので家族の方との復習に利用して下さい。

11月11日
【NHK大河たいがドラマ“功名こうみょうつじ”から“せきはら”のたたか直前ちょくぜんの様子を知ろう】
戦乱せんらんの世の中が統一とういつされて新しい封建ほうけんの世の中(江戸時代)が始まるきっかけの一つが1600年の関が原の戦いです。今年LAで放送されているNHK大河ドラマからもいろいろ勉強できますよ。土曜の夜にはぜひ、家族一緒に日本語放送を見て、補習校での学習と結びつけてください。
←1568年:織田軍の一員として出陣しゅつじんするおっと山内一豊やまうちかずとよ)に家紋かもん(family crest)の丸三葉柏紋まるみつばかしわもんをぬいこんだ旗指物はたさしものを「旦那様だんなさま、お家再興さいこう御旗みはたでございまする。」と、差し出す千代ちよ。『千代紙(このサイトの背景のようなデザイン入りの色紙)』は、この千代さんに由来するそうです。
覚えていますか?、源氏の旗指物は『白』で、平氏の旗指物は『赤』でしたよね。
←織田信長にほろぼされた山内盛豊(一豊の父)の代から山内家につかえ、さない一豊に手柄てがらを立てさせようと奮闘ふんとうした家臣かしん(新右衛門と吉兵衛)。
←1575年:無敵むてきといわれた武田の騎馬軍きばぐんが、長篠ながしの城を守る徳川軍に攻撃こうげきしてくるシーン。パワーポイントで見た火縄銃戦術を思い出してください。もしもこの戦いのときに雨が降っていたら歴史は変わっていたかもしれませんよね。
←1600年:関ヶ原の戦い(テレビではまだ放送されていません)
西軍せいぐん総大将そうだいしょう・毛利輝元が陣取る南宮山のふもとに布陣ふじんした山内一豊。
かぶとには金色の御幣ごへいがついています。今も山内家に伝わるかぶとのレプリカだそうです。
←1600年:関ヶ原の戦い(テレビではまだ放送されていません)
南蛮甲冑なんばんかっちゅう(厚い鉄板製の胸板がついた鎧)で身を固めた東軍の総大将・徳川家康。かぶと羊歯しだの葉の前立で、後に黒田家(今の福岡)に拝領はいりょうされました。
来週の午後は、高等部の弁論大会を参観しますので総合の授業はありませんが、#12までの答えを書き込んでおきましょう。言葉の説明は12月2日にします。
★ワークシート#12
ウ:安土城あづちじょう, エ:南蛮貿易なんばんぼうえき, オ:楽市らくいち楽座らくざ, カ:大坂城おおさかじょう, キ:羽柴秀吉はしばひでよし, ク:検地けんち, ケ:刀狩かたながり, コ:豊臣秀吉とよとみひでよし, サ:関ヶ原
12月2日

南蛮渡来なんばんとらいの文化について考える】
まず、小学6年生の国語の教科書にあった『外来語』から、室町時代に日本にきた言葉を確かめました。さらに、マントを着た織田信長のパワーポイントの写真から南蛮渡来について考えました。信長は南蛮渡来の鉄の鎧や兜やマントを身に着けていたのですね。ところで、『南蛮』という言葉は、中華思想(聖徳太子の外交)の時に勉強しましたが覚えていましたか?

では、万里の長城の外(中国の国境の外)に追い出された北方民族の東への移動→〜
→ゲルマン民族の大移動→〜
→イスラム教を中心とした新しい文化圏がキリスト教の聖地にできたこと→〜
→東ローマ帝国の力が弱くなったこと→〜
→ヨーロッパに新しい国々が形作られ、イタリアでルネサンスがおきたこと(三大発見のルーツ)など、
アメリカンスクールでの学習(400〜500年の間の世界の動き)と戦国時代の学習を結び付けてください。

2学期の学習の復習とまとめは下の小さな図をクリックしてください。大きなサイズになります。

12月9日

【江戸時代にえがかれた絵巻物えまきものから江戸の庶民しょみんらしを想像そうぞうして身分制度みぶんせいどについて考える】

今週のNHK大河ドラマは関ヶ原の戦いでしたね。この3年後に征夷大将軍に任じられた徳川家康が江戸に幕府を開いた1603年から約260年間を江戸時代と呼んでいます。
今週の授業で見た絵『洛中洛外図』はここをクリックして東京国立博物館のサイトにリンクして、【さらに拡大して表示】のボタンを押してください。
洛中洛外図らくちゅうらくがいず』:作者は住吉具慶(1631〜1705),高さ約40cm×長さ約1370cm
地方の農民のうみんの暮らし〜町人ちょうにんの暮らし〜武家ぶけの様子〜公家くげの様子,春夏秋冬がえがかれています。

今アメリカで生活しているみなさんにとって『身分みぶん上下じょうげ』というのは理解りかいしにくかったようですが、少数しょうすう支配者しはいしゃ権力けんりょくをひとりじめするには、身分みぶん区別くべつというのが都合つごうがよかったわけですね。
ぎゃくに、『かみのもとでは平等びょうどう』というキリストのおしええはじゃまだったわけです。

来週は『身分の差』がいつどのようにしてできたかを、年表ワークシート#12に後戻あともどりして勉強しましょう。

今週のワークシート#13に次の言葉を書き入れておいてください。
#13
=シ:徳川家康とくがわいえやす, ス:武家諸法度ぶけしょはっと, セ:親藩しんぱん, ソ:譜代ふだい, タ:外様とざま, チ:徳川家光とくがわいえみつ, ツ:参勤交代さんきんこうたい

12月16日

兵農分離へいのうぶんりについて考える】 
私が両手を広げた長さとコビー・ブライアントが両手を広げた長さはずいぶんちがいますよね。だから『ヒロ』を長さの単位たんいとして使うのはおかしい…という意見は、人種じんしゅのちがいを知っている現代げんだいのみなさんとしては正しい判断はんだんです。でも、フット,フィートやヤードと同じように、400年以上むかしのせまいコミュニティーや戦国大名せんごくだいみょう領地りょうちの中だけで暮らしていた人にとっては、体の一部を基準にした長さは便利だったし、たいした問題にもならなかったでしょう。
ところが、織田信長〜豊臣秀吉と全国統一ぜんこくとういつが進んで経済けいざいが発達していくのに、各地がバラバラの度量衡どりょうこう(長さ・体積・質量のたんい)を使っていては大変困ったことになります。国家が統一されるということは、共通のお金や度量衡やカレンダーを使う必要がありますよね。農地の広さを調べて税金ぜいきん年貢ねんぐ)を集めるのにも必要なシステムです。
先週の授業で確かめた町人や農民と武士の身分の区別もルーツは秀吉の時代に行われた刀狩かたながりです。農作業が暇なときに兵士として引っ張り出されていた多くの農民が武器を持って一揆いっき(ライオット)をおこしては、数の少ない武士がえらそうにしていられなくなりますからね。
刀狩りは『これからは武士がプロフェッショナルの警察のようにみんなの安全を守ってあげるから、武器を提出して安心して農業にはげみなさい』という心優しい政策ではなくて、権力をにぎった支配者階級しはいしゃかいきゅう都合つごうがいいように身分を区別する手段だったわけです。

ところで、“大昔は、あなたたちより私の方が美人でもてた”という話:ちゃんと理解してくれましたか?
食料を手に入れるのが生活の全てだったような大昔なら、スリムなみんさんよりも、太った私の方がたくさん子どもを産めるし美しく思われただろう…という話でした。美人の基準も世の中とともに変わり、『絶対に○○○』といえるのは『命のあるものはいつかは死ぬ』ということです。物の見方によって基準は変わるということや命には限りがあるということをぜひ考えてください。

年賀状
クリスマスカード、ありがとうございました。
わたしはみなさんの住所を知りませんので
日本的な『年賀状』を作りました。

右のはがきの表(あて先)の上に
マウスを乗せてみて下さい。
スタンダードな年賀状ねんがじょうです。

来年の干支えといのししです。

では、しっかり家のお手伝いをして
日本文化に親しんでください。

1月6日

【徳川幕府が260年も続いたのは“なぜか”を考える】
平氏へいし源氏げんじ北条氏ほうじょうし足利氏あしかがし〜織田信長〜豊臣秀吉と移り変わった武家政権ぶけせいけんに比べると、徳川家の政権は約260年間ですから長いほうです。

徳川家が政治の権力(政権)のトップをキープできたのはなぜかを考えてみましよう。
@ライバルになるようなナンバー2をつくらなかったこと

大名だいみょうはもともと土地とちをはった木のような存在そんざいでしたが、関ヶ原の戦いまでなかわるかった大名を江戸から遠いところに植木鉢うえきばちのポットのようにうつしたり、いちゃもんをつけてとりつぶしたり、武家諸法度でがんじがらめにしたりと、その配置はいち工夫くふうをこらしました。さらに貿易ぼうえき経済けいざい中心地ちゅうしんち鉱物こうぶつ産地さんちなど大切な土地(全体の4分の1以上)は幕府が直接おさめました。

・お手伝い普請ふしんとして土木工事どぼくこうじめいじたり(経費も負担させる)、参勤交代制度化せいどかしたりと、ナンバー2が育たないように、大名家の財政ざいせい負担ふたんをかけました。

A鎖国さこく(isolationism,a closed-door policy)

12月2日の授業のように江戸幕府も初めのうちは外国と貿易をしてきたのですが、じょじょにキリスト教のとりしまりを厳しくして1639年以降、中国と朝鮮とオランダ以外の国との交わりを禁止しました。国にくさりをかけたような状態ですので、このシステムを最近は鎖国と呼んでいます。江戸時代の人たちが鎖国といったわけではありません。それにしても、外国との行き来を制限するなんて、大陸ではできないことで、島国しまぐにだからこその政策ですよね。

B上下関係がはっきりした身分制度にしたこと(12月の授業を思いだしましょう)
・『上を見て暮らすな、下を見て暮らせ』(穢多えた非人ひにんよりは“まし”だという考え方)や朱子学(階級かいきゅう身分みぶんおもんじる道徳どうとく)を広めました。神様のもとではだれもが平等だとするキリスト教の教えとはかけはなれていますね。

五人組ごにんぐみの制度やお触書ふれがきでしばりつけられた百姓から年貢ねんぐが集められ『米』を中心とした経済のシステムができあがりました。
  #14=テ:島原・天草, ト:年貢, ナ:五人組, ニ:士, ヌ:農, ネ:工, ノ:商, ハ:宗門人別帳, ヒ:出島, フ:お触書き, ヘ:中国, ホ:オランダ,
1月13日
身分の区別や宗教しゅうきょうのとりしまりなど“がんじがらめの世の中”になったということは、戦争がなくなったということですから、それぞれのはん特産物とくさんぶつが発達しました。(ワークシート#14の右下の部分)中1の総合や小5の社会科で勉強した『各地の特産物』や『伝統工芸品でんとうこうげいひん』のルーツがこの時代です。
ぜひ左のロゴをクリックして日本の伝統工芸のサイトを見てください。
元禄文化げんろくぶんか】17世紀の後半から18世紀の初め(元禄という年号ねんごうのころ)京都や大阪などの上方かみがたで、武士や大商人を中心に町民文化ちょうにんぶんかさかえました。

化政文化かせいぶんか】江戸時代の後期(文化ぶんかから文政ぶんせいという年号のころ)江戸で中小商人などの庶民を中心に町民文化が栄えました。

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)などに影響えいきょうを与えた浮世絵うきよえのルーツは16世紀ですが、木版画もくはんがによる大量生産たいりょうせいさん可能かのうになった江戸時代に伝統文化に発達しました。

「うきよ」は“憂世”と書かれていましたが、江戸時代になって“浮世”という文字に変化し、現代風げんだいふうという意味も持つようになりました。浮世絵には江戸時代に人気にんきを集めた歌舞伎役者かぶきやくしゃ観光かんこうスポットがえがかれています。今ならちょうどポスターやブロマイドといったところですね。左の浮世絵をクリックして世界的に有名な浮世絵を見てください。

#15,マ:城下町じょうかまち, ミ:港町みなとまち, ム:宿場町しゅくばまち, メ:門前町もんぜんまち, モ:将軍様しょうぐんさま, ヤ:天下てんか台所だいどころ, ユ:歌舞伎かぶき, ヨ:相撲すもう, ラ:近松門左衛門ちかまつもんざえもん, リ:井原西鶴いはらさいかく, ル:松尾芭蕉まつおばしょう, レ:寺子屋てらこや

#16,ロ:解体新書かいたいしんしょ, ワ:杉田玄白すぎたげんぱく, ヲ:一揆いっき, ン:打ちこわし

#17,イ:本居宣長もとおりのりなが, ロ:浮世絵うきよえ, ハ:歌川広重うたがわひろしげ, ニ:伊能忠敬いのうただたか

#18,ホ:ペリー, ヘ:日米和親条約にちべいわしんじょうやく, ト:治外法権ちがいほうけん, チ:関税自主権かんぜいじしゅけん, リ:不平等ふびょうどう, ヌ:世直よなおし, ル:大政奉還たいせいほうかん

1月20日
【江戸時代のまとめ】期末試験に備えて、重要語句をワークシートに書き入れました。家族の方と一緒にこのサイトや年表を見返して、江戸時代の理解を深めてください。興味のあることや疑問に思ったことはクラスで質問してください。みんなで考えて調べましょう。

【アメリカ人がよく口にする腹切はらきりについて】

クラスの話の中で出てきたハラキリという言葉:切腹せっぷく処刑しょけい自殺じさつの一つですから、けっして軽々かるがるしく口にしてはいけません。
自分のことを大切にできるない人に家族や他人を思いやる心は育ちません。みなさんは『異質いしつなもの(自分とちがう考えや数の少ないもの,弱いものなど)を排除はいじょ(いじめたり無視むししたり)するのではなく、ちがいをみとめリスペクトする心』を育ててください。では、知識としての切腹については、家族の方と一緒にここをクリックして下さい。時代劇じだいげきにでてくる武士の美意識びいしき忠誠心ちゅうせいしんの理解につながると思います。

↑1867年出版、日本の礼儀と習慣のスケッチより
月27日
【国語の教科書『江戸からのメッセージ』を読んで】
≪教科書の初めの部分(解説かいせつ)≫江戸時代は、2世紀半という長い間、平和が続いた時代である。同時代の西欧諸国せいおうしょこく(17世紀から19世紀のヨーロッパの国々)が、戦乱せんらんに明け暮れながら近代きんだいまねいたのに比べれば、260年におよぶ江戸の平和な歳月さいげつは、驚異的きょういてきなことだといえるだろう。封建ほうけん時代:土地のマネージメントの権利で結びついていた主従関係の時代から近代になるのに、ヨーロッパの国では戦争をたくさんしていました。それに比べると、260年以上も大きな戦争がなかった江戸時代はとてもすばらしいという意味)
アメリカンスクールでの学習と結びつけて、ペリーの黒船艦隊が日本にプレッシャーをかけたことについて考えました。
今のアメリカはクジラを殺すことに反対していますが、150年ほど前まではクジラの油を利用して近代化を進めていたのですね。

←ぜひ、地図をクリックして大きなサイズで見てください。